2014年02月20日

同一コンテンツについて

同一コンテンツやコピペサイトは、グーグルがダメと言っています。

実際にパンダアップデートというもので同一コンテンツでペナルティを受けたサイトがあるようです。

私の場合、ほぼ同一コンテンツのサイトをたくさん持っていますがパンダの被害に遭っていません。

なかにはタイトルが違うだけでコンテンツがまったく同じサイトが両方とも上位表示しています。

それなのに長い間飛ばされていません。

最近、2チャンネルのまとめブログが、たくさん上位表示されています。

エロ広告ばかりでうざいのですが、ツールを使って2ちゃんの記事を寄せ集めただけです。

同一コンテンツの寄せ集めなのにパンダの被害にあいません。

OK!WAVEとか、はてなとかも同じ質問・回答で同一コンテンツが上位表示されています。

私の感覚では、ほぼ同一コンテンツであればペナルティは受けないと思います。

将来は分かりませんが、現時点でペナルティを受けないのであれば「ほぼ同一コンテンツ」でサイトを量産するのありだと思います。

この手法が通用する間だけでも稼げればいいと思います。

昔、日本語ドメインはグーグルのバグだと言われました。

その時、石田健さんは「日本語ドメインが強いのはグーグルのバグだとおもいますが稼げるうちに稼いでおきましょう」と言っていました。

それから2年以上たちますが、いまでも日本語ドメインは強いです。

ほぼ同一コンテンツもそうなると思っています。



posted by ひでぽん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。